◎what`s 薬酒
ハーブの成分を醸造・発酵・浸漬などを通してお酒に移行させ、それを飲用し、カラダのバランスを整えるものを薬酒・ハーブリキュールといいます。
健康な時から、自分の体質にあった薬酒を見つけて、毎日継続して飲用することで病気になりにくい体を作り上げることをおススメしています。

 

◆薬酒ならではのアルコールの効能

(1)消化を助け、食欲増進する。
(2)血液の循環をよくして体を温める。
(3)眠りを助ける。
(4)大脳皮質にはたらきストレス解消に役立つ。
(5)血中の善玉コレステロールを増加する。

以上に加えてハーブの成分が、渾然一体となっているのが薬酒といえます。

 

◎薬酒barとは
先人達のハーブの伝統と恩恵に感謝し、
未来の私達の為に、
その風味を生かしたお酒の文化を提案しております。

 

※当店は飲食店です、薬剤や薬品等は扱っておりません。

 

 


 

 

余計な添加物を使わず、自然と共存し、

自然から頂いた ハーブの風味を生かしたお酒の文化を作る事。

先人達のハーブの伝統と、自然の恩恵に感謝したお酒を提供します。

未来の私達のカラダの為に。

 


 

・スイートクコアフタヌーン 
・アマドコロモーニ 
・ウコンキングストン 
・カリブジンジャー 
・たらのきストマックOG 
・デルタマティーニ 
・SEXライフ ナンバー3 

・クコ・・・老化防止、顔肌の色艶の改善、肝臓強化
・ニクジュウヨウ・・・インポテンツ、不妊症、肝臓を強める。
腰、膝の冷えに
・熊笹・・・貧血改善、便秘解消、血液浄化効果
・ウコン・・・肝臓の機能を改善、強化
・タラノキ・・・糖尿病の予防、胃や腸の調子を整える。
・キグシ・・・二日酔い予防、利尿作用、肝臓強化
・サンザシ・・・タラノキとほぼ同じ効能のため
・しょうが・・・セキを鎮め、解熱作用、血行促進
・アマドコロ・・・疲労回復、病後の体力回復
・ベニバナ・・・冷え性、婦人病の予防

・鍛高瓢(しそ)・・・アレルギー症状緩和、免疫向上
・紅乙女(ごま)・・・老化、ガン細胞の発生予防
・茶露(玉露)・・・血中コレステロール低下、血糖上昇抑制
・佐幌(そば)・・・動脈硬化、高血圧の予防
・オニウシ(かぼちゃ)・・・糖尿病、高血圧予防
・茉莉花(ジャスミン)・・・消化促進、美容リラックス効果